車の免許ってどうやって取るの?どれくらいお金がかかる?

スムーズに取得したいのであれば教習所へ

自動車に憧れている、あるいは生活していく上で自動車があった方が便利という人はたくさんいるでしょう。ただ、自動車は買ったらすぐに乗れるというわけではなく、必ず免許が必要になります。では、自動車の運転免許証を取るためにはどうすればいいのでしょうか。
まず、基本的には教習所に通うことになります。実は免許取得に必要なものをすべてを独学で勉強し、運転試験場へ行って免許を取ることも不可能ではないのですが、合格率は非常に低いです。もともと免許を持っていたものの、なんらかの理由で失効してしまったので再取得するという場合は独学で挑んで取れる可能性もありますが、初めて運転免許を取るのであれば教習所へ行った方がいいでしょう。

費用はだいたい20万円から30万円程度

教習所へ行ったら技能と学科を学ぶことになります。技能とは自動車を運転するための技術のことで、教習所内に作られた道を使って運転を行います。学科というのは交通ルールのことで、標識の種類などを学ぶことになります。教習所ですべての講習を終えると、試験場へ行き、普通免許取得のための試験を受け、合格すると免許を受け取ることが可能です。
では、免許取得のための費用はどれぐらいかかるのでしょうか。これは取得する免許がノーマルな普通免許か、それともオートマチック車しか運転できないAT車限定免許かによっても変わってきますが、だいたい、20万円から30万円程度です。AT車限定免許の方が授業数が多いので、費用はより多くかかります。