普通自動車だけじゃない!車両免許は種類がいろいろ

運転免許の種類と区分

運転免許の区分は第一種運転免許・第二種運転免許・仮運転免許があります。第一種免許とは、日本の道路で一般的な用途で自動車などを運転するために必要な免許です。第二種運転免許はバス・タクシー・ハイヤーなど旅客を載せて移動するときに必要な区分です。仮運転免許は、免許取得前に公道で運転の練習をするために必要な免許です。

運転免許の種類は大きく分けると自動車免許・自動二輪車免許・原動機付自転車免許があります。自動車免許は車両の大きさと、車両を使用する目的によって分類されており、それぞれの免許に受験資格が設けてあります。二輪車免許は小型二輪免許・普通二輪免許・大型二輪免許に分かれていて、こちらも受験資格が設けてあります。原動機付自転車免許は16歳以上で、視力が両眼で0.5以上あり、青・赤・黄の色が識別できることが免許取得に必要な資格・条件です。

運転免許は運転する以外でも大活躍!

運転免許はいろいろな場面で役に立ちます。免許証は身分証明書として使用できて、就職のときに資格として履歴書に記載することが可能です。
また取得した免許の種類によっては、趣味や職業選択の幅も広くなり、多種多様な社会経験をつむことが出来ます。
二輪免許を取得してツーリングをしたり、あるいは大型自動車免許を取得してトラックドライバーなる、取得した免許の種類・区分によって活用の仕方は変わります。
また3年・5年ごとの更新するため、最低限の健康状態を維持しておく必要があるので、定期的に自分の体調を見直す機会になります。
免許取得には教習所の費用・取得するための時間がかかりますが、取得しておけばデメリットよりもメリットが多いです。