合宿免許ってどんなメリット・デメリットがある?

短い期間で免許を取得することができる

自動車免許を取得する方法はいくつかありますが、その中に、合宿免許を利用するというものがあります。合宿免許は、自宅から教習所に通って学科を学んだり、車を運転するのではなく、教習所の近くにある宿泊施設に泊まり込んで、免許を取るための勉強を進めるシステムになっています。では、教習所に通う方法と比べた場合、合宿免許にはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか
まずメリットですが、免許を取るまでの期間を可能な限り短くできるという点が挙げられます。家に帰る必要がなく、車の運転をするための予約を入れる必要もなく、朝から晩まで学科と実技を学ぶことができるからです。そのため、すぐにでも免許を取りたいという人にとっては最適といえるでしょう。

人付き合いが苦手な人は集団生活がデメリットになる

また、短期間で免許を取得できる分、費用も安上がりです。もちろん、宿泊施設に泊まるための料金はかかりますが、それを含めたとしても教習所に通うより安くなります。
では、デメリットとしてどのようなものが挙げられるでしょうか。これはやはり、人付き合いということになるでしょう。一人で申し込んだ場合、見ず知らずの人と相部屋になって十数日間、泊まらないといけません。追加料金を支払えば一人部屋に泊まることも可能ですが、食事はみんなで取ることになるので、集団生活は必須になります。また、基本的には宿泊施設と教習所の往復になり、自由に遊びに行くということができません。
ただ、人付き合いが濃い分、合宿免許で知り合った人と友達になるというケースも少なくありません。